ウイルス性の嘔吐下痢症の症状と対処法!感染期間はいつまで?

嘔吐 下痢症

 

ウイルスや細菌性の食中毒は場合によっては命の危険もある怖い感染症です。

 

嘔吐や下痢の症状は非常につらく、数日続くので日常生活に支障をきたしてしまいます。

 

嘔吐や下痢の2つの症状を伴う場合、総称して「嘔吐下痢症」と呼ばれています。

 

嘔吐下痢の症状としてはどのような病気があり、どのような対処をすればよいのでしょうか?

 

ここでは、ウイルス性の嘔吐下痢症の症状と対処法について紹介してきます。

 

 

ウイルスが原因の嘔吐下痢症とは?感染ルートは?

 

嘔吐 下痢症

 

嘔吐と下痢を同時に伴うものを嘔吐下痢症と呼んでいるのですが、診断名としては「急性胃腸炎」になるようです。

 

急性胃腸炎が起こる原因は、ウイルスが体内に侵入してしまうことです。

 

スポンサーリンク

 

急性胃腸炎の原因は主に以下のウイルスが考えられます。

 

  • ノロウイルス・・・秋から冬などの寒い時期に増殖する
  • ロタウイルス・・・冬から春にかけて多い。乳幼児が多く発症するが、大人の感染例も増えている。

 

この2つのウイルスは感染力が強く、便や嘔吐物に触れたり、ウイルスが空気中を舞うことで感染することがあります。

 

患者の排泄物の処理などを気を付けないと、看護する側が感染してしまう恐れがあるのです。

 

 

ウイルス性の場合、嘔吐と下痢はどれぐらい続くの?

 

嘔吐 下痢症

 

嘔吐下痢症の特徴として、「急性」であることが挙げられます。

 

突如として激しい腹痛と下痢、嘔吐が起こり、数時間後または数日後に症状が治まります。

 

嘔吐の回数は個人差やウイルスによっても差があり、半日の間に何回も嘔吐を繰り返す場合や、1日に2回ほどの嘔吐が3日程続く場合などがあります。

 

スポンサーリンク

 

ほとんどは、短時間で何回も嘔吐を繰り返すことが多く、動くことも難しいほどつらい状態になります。

 

嘔吐後に下痢を伴うケースが多いですが、ノロウイルスなどは嘔吐と下痢が同時に起こります。

 

ですから、嘔吐をしている間に漏らしてしまうことがあるのです。

 

それだけ激しい症状が特徴といえるでしょう。

 

下痢は酸っぱい臭いのするクリーム状のものが出る場合が多く、水のような下痢になります。

 

 

嘔吐下痢症は脱水症状に要注意!

 

嘔吐 下痢症

 

嘔吐下痢症の場合、体内からは多くの水分が失われます。

 

下痢や嘔吐によって水分が排出されているので、知らぬ間に脱水症状となっている場合があるのです。

 

嘔吐や下痢は、ウイルスを外に出すための防御本能です。

 

吐き気止めなどで無理に止めるのではなく、自然と治まるのを待つしかありません。

 

吐いたら1時間ぐらいは飲み物をとらずに様子を見てください。

 

しかし体調が悪くなったり、喉の渇きが強く感じられたり、尿量が少なくなった場合は脱水症状が進んでいる証拠です。

 

すぐに病院受診をして、然るべき手当をおこなってもらいましょう。

 

だいたいは点滴などの処置をされることが多いようです。

 

 

嘔吐下痢症の水分補給はどれを飲む?手作り飲料の作り方も!

 

嘔吐 下痢症

 

嘔吐下痢症に対して有効な手段は、「水分補給」を少量ずつこまめにすることです

 

嘔吐や下痢は薬で無理に止めてしまうと、体内にウイルスが残ったままになり症状が長引く恐れがあります。

 

始めはつらいですが、症状は自然と落ち着きますので、そのときに水分補給をするようにしましょう。

 

市販されているスポーツドリンクは糖分が多いのでガブガブ飲むことはお勧めはできません。

 

飲む点滴として販売されている、「オーエスワン」という経口補水液が良いとされています。

 

自宅でも体液の組成にあったものを作ることが可能です。

 

作り方は簡単で、湯冷まし1リットルに、砂糖を40g、食塩を3g入れてかき混ぜれば出来上がりです

 

これを摂取すれば、嘔吐下痢症における水分補給として効果がありますよ。

 

 

まとめ

 

嘔吐下痢症を引き起こす原因と、対処法について紹介しました。

 

突如として激しい症状に襲われとてもツライ感染症ですが、2日程度で落ち着くことが多いようです。

 

まず、感染しないことが大切ですが、非常に強力なウイルスであり、感染力が強いために家族が1人でも患うと家族内感染することが多いです。

 

ウイルスによって嘔吐や下痢の症状に差がありますが、排泄することで徐々に体は回復していきます。

 

また、嘔吐下痢には水分補給が重要です。

 

イオン飲料や経口補水液がない場合は手作りで簡単に作れます。

 

少しずつ飲んでも吐いてしまうという場合は病院受診することをおすすめします。

 

病院への道中や待ち時間に嘔吐下痢をしてしまうこともありますので、来院前に事情を話し、エチケット袋を持参するなどして行きましょう。